私たちは海外への販路開拓・拡大を目指す皆様をサポートします。

福島県貿易促進協議会

連絡先

トップページ > お知らせ

【情報提供】国税庁 日本産酒類海外展開支援事業費補助金【申込締切:2/28(火)】

国税庁 補助事業(酒類)【第一次締切:2/28(火)】
令和4年度第2次補正予算
日本産酒類海外展開支援事業費補助金(海外展開・酒蔵ツーリズム補助金)

~国税庁が公募している補助事業をご案内します~

⽇本産酒類海外展開⽀援事業(以下「本事業」という。)は、酒類事業者による、⽇本産酒類のブランディング、インバウンドによる海外需要の開拓といった⽇本産酒類の⾼付加価値化や認知度向上に向けた取組を⽀援することにより、⽇本産酒類の輸出拡⼤を図るとともに、酒類業の健全な発達を促進することを目的としています。

◆補助対象事業◆
(1)日本産酒類の海外販路拡大や商品等の高付加価値化に関する取組
(2)酒蔵の観光化や地域における酒蔵ツーリズムプラン策定の取組

◆補助対象者◆
酒類事業者

◆補助率◆
補助対象経費の1/2

◆補助金額◆
1,000万円以内(下限:50万円)

◆補助事業期間◆
交付決定日から令和6年2月29日(木)まで

◆申込締切◆
第一次締切:令和5年2月28日(火)
最終締切:令和5年4月28日(金)

◆申請書提出先・問合わせ先◆
仙台国税局 課税第二部 酒類業調整官
〒980-8430
仙台市青葉区本町3丁目3番1号
仙台合同庁舎A棟
TEL:022-263-1111(内線:3658)
Mail:hojyokin@sen.nta.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/boshujoho/index.htm
<公募要領>
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/boshujoho/pdf/0022012-144_02.pdf

【情報提供】ジェトロ ウェビナー(食品・デジタルマーケティング)【申込締切:3/20(月)】

ジェトロ ウェビナー・相談会(食品・デジタルマーケティング)【申込締切:3/20(月)】
(食品関連企業、B to B向け)
海外デジタルマーケティング講座+オンライン相談会開催

~ジェトロが配信するウェビナー等をご案内します~

ジェトロでは、食品関連企業向けに「デジタルツールを用いた海外販路開拓」をテーマに、ウェビナー及び個別オンライン相談会を実施します。狙うべき市場はどこなのか(市場分析、競合分析方法)、海外バイヤーにどうアプローチをするのか(顧客育成)、海外展開におけるデジタルツールの活用法について、専門家が解説するとともに、希望される方には専門家との面談をアレンジします。デジタル人材不足やデジタルマーケティングに対する知見不足等に課題を抱える方、是非ご参加ください。

◆日時◆
ウェビナー:2023年3月31日までオンデマンド配信
オンライン相談会:2023年3月20日まで申込可能(使用アプリケーション:Zoom)

◆ウェビナー内容◆
(1)海外で売れる商品のつくり方(デジタルツールを活用した市場分析・競合分析を中心に)
(2)海外デジタルマーケティング講座(デジタルツールを活用した顧客育成)

◆参加費◆
無料

◆定員◆
ウェビナー:定員なし
個別オンライン相談:最大120社

【申込締切】
2023年3月20日(月)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ農林水産・食品事業推進課(担当:柴田)
E-mail:afb-antad@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/afb/ed2f9ecf15e22406.html

【情報提供】福島県産業振興センター支援事業【申込締切:3/24(金)】

福島県産業振興センター 支援事業【申込締切:3/24(金)】
ふくしま産業応援ファンド事業(助成金)

~福島県産業振興センターが募集する支援事業をご案内します~

(公財)福島県産業振興センターでは、福島県内の中小企業者のみなさまが実施する新製品・新技術開発、開発に向けた調査・分析等の費用や販路開拓に要する費用の一部を助成することで、本県産業の活性化、本県産業の自立的発展を図ることを目的として、ふくしま産業応援ファンド事業を実施しております。

◆助成対象者◆
福島県内に事務所・事業所を有する中小企業者等

◆助成対象事業◆
(1)事業可能性等調査事業
新製品や新技術及びその構想に関する事業可能性の調査など、開発等に必要な事前調査事業。
(2)技術開発事業
新たな技術の開発、既存技術を活用した新製品・新技術の開発、及び試作品の開発、並びに製品の審美性を含む価値創造に繋がる総合的な設計によるデザイン開発など、事業化に向け必要な開発等事業。
(3)販路開拓事業
新製品等の市場評価の収集や展示会への出展、販路開拓のための広報など販路開拓に必要な事業。
※この事業における「新製品等」とは、申請時において上市に至っていないもの、または上市後3年以内のものをいいます。

◆助成率◆
助成対象経費の1/2以内

◆助成上限額◆
(1)事業可能性等調査事業:100万円
(2)技術開発事業:500万円
(3)販路開拓事業:100万円

◆助成期間◆
(1)事業可能性等調査事業、(2)技術開発事業
交付決定日(5月上旬予定)~令和6年1月31日まで
(3)販路開拓事業
交付決定日(5月上旬予定)~令和6年3月20日まで

◆募集期間◆
令和5年2月9日(木)~3月24日(金)必着

◆申込・問合わせ先◆
公益財団法人福島県産業振興センター 技術支援部 技術総務課
〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内)
電話:024-959-1929 FAX:024-959-1889
E-mail:f-tech@f-open.or.jp

【詳細はコチラから】
https://fukushima-techno.com/r/r501ouenfund02.pdf

【情報提供】ジェトロウェビナー(FSMA)【申込締切:3/9(木)】

ジェトロ ウェビナー(食品・アメリカ)【申込締切:3/9(木)】
(品目別セミナー)
米国向け・醤油の輸出における米国食品安全強化法(FSMA)への対応(オンデマンド配信)

~ジェトロが配信しているオンデマンドウェビナーをご案内します~

ジェトロでは、農林水産・食品分野の海外専門家を講師に迎え、現地市場開拓に役立つヒントや最新マーケット情報をお届けするセミナー(ウェビナー)を開催します。

今回は、2022年12月6日にライブ配信し、ご好評いただいた「米国向け・醤油の輸出における米国食品安全強化法(FSMA)への対応」を編集し、オンデマンドにて再配信します。米国市場への進出を検討されている醤油の事業者様に向けて米国向けに食品を輸出する際に遵守が義務づけられている米国食品安全強化法(FSMA)について、食品輸出と食品衛生管理に豊富な知見を持つ専門家が詳しく解説します。

◆配信期間◆
2022年12月20日(火)10:00~2023年3月10日(金)10:00
使用アプリケーション:YouTube

◆概要◆
日本から米国へ食品を輸出する際に必要なFSMAの概要について、米国市場および日本からの食品輸出について豊富な知見を持つ専門家が醤油のハザード分析を通して説明します。

◆参加費◆
無料

◆申込締切◆
2023年3月9日(木)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ農林水産・食品戦略的商流構築課 (担当:神東、花輪)
Tel:03-3582-8348
E-mail:afg_seminar@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/afg/ea78abfe635f2229.html

【申請受付終了】令和4年度福島県産品海外販路開拓支援事業(助成金)のご案内

助成申請額が予算上限に達しましたので、令和5年1月4日(水)をもって今年度の助成申請受付を早期終了いたします。

この度は、多くの会員の皆さまにご活用いただき、誠に有難うございました。

来年度につきましても、助成事業の実施を検討してまいりますので、内容が決まりましたら、別途お知らせいたします。

1.目的

本事業は、海外における県産品の商談や販売促進活動、あるいは、新たな市場への販路開拓に取り組む会員に対して、その経費の一部を助成することにより、県産品の輸出促進・拡大を図ることを目的とする。

2.応募資格
福島県貿易促進協議会の企業・個人会員とする。

3.助成対象事業
企業または個人会員が海外販路開拓・拡大を目的として取り組む以下の事業
(1)海外商談活動
(2)海外におけるテストマーケティング
(3)輸出に向けた取組
(4)海外展示会・見本市・商談会への出展、参加(オンラインを含む)
(5)海外向け認証取得
(6)輸出仕向国の法規制対応
(7)知的財産権に関する外国出願
※原則として、令和5年3月31日までに完了する事業が対象です。

4.助成区分・助成額

事業区分 助成限度額
(1)海外商談活動 ①海外渡航経費 8万円
②新型コロナウイルス特別措置経費(※) 2万円
(2)海外におけるテストマーケティング 5万円
(3)輸出に向けた取組 5万円
(4)海外展示会・見本市・商談会への出展、参加(オンラインを含む) 10万円
(5)海外向け認証取得 10万円
(6)輸出仕向国の法規制対応 10万円
(7)知的財産権に関する外国出願 10万円

※上記内容のうち、実施要領の別表に定める対象経費(別表)に助成します。ただし、1会員につき、年度中、各区分とも1回限り、かつ、各区分の合計額20万円を上限とします。
※「新型コロナウイルス特別措置経費」については、新型コロナウイルス感染症が収束するまでの特別措置とします。

5.助成率
各経費区分とも予算の範囲内において助成対象経費の10/10以内、各限度額を上限とします。

6.助成事業の件数
予算の範囲内での採択となります。
※予算額に達し次第、募集を終了します。

7.申請方法等
福島県産品海外販路開拓支援助成事業実施要領
(別表)助成対象経費
福島県産品海外販路開拓支援事業募集要領
福島県産品海外販路開拓支援事業案内チラシ
福島県県産品海外販路開拓支援事業に関するQ&A
申請等様式は以下のとおり
※今年度より申請書・報告書・請求書の社判の押印は不要となります。
(様式1)助成申請書
(様式3)実績報告書
(様式3別紙)商談状況シート
(様式5)助成金請求書
※年度途中、事業の変更、中止がある場合
以下「様式6 助成変更承認申請書」により事前に会長の証人を受ける。
(様式6)変更承認申請書

8.書類の提出部数及び提出先
必要書類各1部をメールまたは郵送にて以下に提出してください。なお、申請書類は返却しません。
【提出先】
〒960-8670
福島市杉妻町2-16 福島県庁西庁舎11階
福島県貿易促進協議会(福島県観光交流局県産品振興戦略課内)
Mail: trade@pref.fukushima.lg.jp
※メールにて提出する場合は、PDF形式で提出してください。(編集可能なWord、Excelでの提出は不可。)

9.審査
書面審査となりますが、必要に応じてヒアリングや書類による追加調査等を行います。対象要件の確認を行った後、総合的に判断します。

(1)申請
申請は随時受付致します。ただし最終受付日は以下のとおりです。

事業区分 最終受付日
(1)海外商談活動 令和5年2月28日
(2)海外におけるテストマーケティング
(3)輸出に向けた取組
(4)海外展示会・見本市・商談会への出展、参加(オンラインを含む)
(5)海外向け認証取得 令和4年12月28日
(6)輸出仕向国の法規制対応
(7)知的財産権に関する外国出願

※応募状況により、早期に募集を終了する場合があります。

(2)結果の通知
審査結果(採択又は不採択)について、申請者あてに通知します。

10.助成金の支払方法
事業の内容や助成対象経費の支払いを証明する書面(領収書写等)を確認し支払います。
助成金は、支払いが完了した経費について精算払いで交付することを原則とします。

11.助成事業者の義務
助成事業者は、次に掲げる義務を負います。
(1)申請書の提出から助成事業の終了までの間に、助成事業の内容、助成事業等に要する経費の配分又は助成金申請額に変更が生じる場合、または助成事業を中止しようとする場合は、事前に承認を得なければなりません。
(2)助成金の収支状況を記載した会計帳簿その他の書類を整備し、補助事業の完了した日の属する会計年度の翌年度から起算して5年間保存しておかなければなりません。

12.留意事項
(1)申請に係る経費は、全て申請者の負担となります。
(2)他の助成金、補助金と併給不可の場合もありますので、申請前に必ず事務局に御相談願います。
(3)助成審査は書面審査となりますが、必要に応じてヒアリングや書類による追加調査等を行います。対象要件の確認を行った後、総合的に判断します。
(4)商談活動を行った場合、事業終了後も経過を確認します。

13.問い合わせ先
福島県貿易促進協議会 事務局(福島県観光交流局県産品振興戦略課内)
TEL : 024-521-7326 FAX: 024-521-7888
Mail: trade@pref.fukushima.lg.jp

【情報提供】ジェトロ ウェビナー(日本産酒類・EU)【申込締切:2023/3/9(木)】

ジェトロ ウェビナー(日本産酒類・EU)【申込締切:2023/3/9(木)】
(国税庁事業)スイス・イタリアへの日本産酒類輸出の可能性(オンデマンド配信)

~ジェトロが配信するオンデマンドウェビナーをご案内します~

国税庁(実施:ジェトロ)は、日本産酒類の市場拡大が期待されるフロンティア地域の経済概況や酒類市場を紹介するウェビナーを実施しています。
今回は、2022年12月1日(木曜)にライブ配信し、ご好評いただいた「スイス・イタリアへの日本産酒類輸出の可能性」を編集し、オンデマンドにて再配信します。スイス・イタリアの各国で食品輸出を担当するジェトロ職員が登壇し、現地ならではの情報をご提供しております。

◆配信期間◆
2022年12月9日(金)~2023年3月10日(金)10:00
※期間中いつでもご視聴可能です。
使用アプリケーション:YouTube

◆内容◆
・スイス市場の概要と日本産酒類の可能性
・Japanese Wave & Italian Taste – A GREAT PASSION -

◆参加費◆
無料

◆申込締切◆
2023年3月9日(木)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ農林水産・食品戦略的商流構築課 (担当:福士、花輪、神東)
Tel:03-3582-8348
E-mail:afg_seminar@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/afg/ea7802064e044f69.html

【情報提供】ジェトロ ウェビナー(商談スキル)【申込締切:2023/3/31(金)】

ジェトロ ウェビナー(商談スキル)【申込締切:2023/3/31(金)】
(オンデマンド)いま必要な商談スキル:アフターコロナを見据えた輸出ビジネスの進め方

~ジェトロが配信するオンデマンドウェビナーをご案内します~

ジェトロでは、農林水産物・食品の輸出を検討されている事業者様を対象に、輸出の基礎知識と商談スキルの向上を図る輸出商談スキルセミナーを開催しています。
本セミナーでは、新型コロナウイルス発生により活発化した非対面型のビジネス(オンライン販売、越境EC等)の定着状況、インフレや円安による輸出ビジネスへの影響、対面型・非対面型ビジネスについての現場の声について、後半ではプロモーション方法や契約における注意点など、アフターコロナを見据えて、いま必要とされる商談スキルについて解説します。
こちらは2022年12月15日に実施する本セミナーを編集し、オンデマンドにて配信するものです。

◆配信期間◆
2022年12月22日(木)14:00~2023年3月31日(金)23:59
使用アプリケーション:YouTube

◆内容◆
・活発化した非対面型のビジネスの定着状況、インフレや円安による輸出ビジネスへの影響
・対面型・非対面型ビジネスについての現場の声
・いま必要とされる商談スキル
・プロモーション方法や契約における注意点など

◆参加費◆
無料

◆定員◆
300名

◆申込締切◆
2023年3月31日(金)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ農林水産・食品市場開拓課 調査チーム(担当:上嶋、阿部、吉川)
E-mail:AFB-AD@jetro.go.jp Tel:03-3582-5186

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/aff/93615d0eb2aca802.html

【情報提供】ジェトロ ウェビナー(食品・タイ)【申込締切:2023/3/9(木)】

ジェトロ ウェビナー(食品・タイ)【申込締切:2023/3/9(木)】
タイ(バンコク)における日本食品市場

~ジェトロが配信するオンデマンドウェビナーをご案内します~

このたびジェトロでは、日本産食品の輸出拡大を目指す事業者様向けのウェビナーを開催します。
各地の現状を現地在住の専門家がコンパクトにお伝えするセミナーです。
各地の現状を知り、今後のビジネスの準備にお役立ていただきたく是非ご視聴ください。

◆配信期間◆
2023年1月11日(水)10:00~2023年3月10日(金)10:00(予定)
※配信期間が変更になる可能性があります。
※期間中いつでもご視聴可能です。

◆内容◆
タイの日本産食品市場 ―最新のトレンドを解説―(20分程度)

◆参加費◆
無料

◆申込締切◆
2023年3月9日(木)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ農林水産・食品市場開拓課
担当:大原・野村
Tel:03-3582-5649
E-mail:aff-cdr@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/aff/fe86f511b99483fa.html

【情報提供】ジェトロウェビナー(貿易実務)【申込締切:2023/2/23(木)】

ジェトロ ウェビナー(貿易実務)【申込締切:2023/2/23(木)】
【ジェトロ・メンバーズ限定ウェビナー アンコール放送】
貿易実務講座 2022 第1回、第2回、第3回

~ジェトロが配信するウェビナーをご案内します~

ジェトロでは、今年5月から配信している「貿易実務講座2022」第1回から第3回までを、ご好評につき、まとめてアンコール放送します。
「貿易実務講座」のうち、特にご関心の高いテーマにスポットを当て、多くの企業様の相談事例やQ&Aを交えて、ご説明します。

◆日時◆
2022年11月25日(金)10:00~2023年2月28日(火)23:45
※オンデマンド配信

◆内容◆
●貿易手続きの流れ、インコタームズ等 国際物流・輸送状況
●HSコード、通関・関税、輸送、貨物保険 認定事業者(AEO)制度等
●貿易取引・通関時に生じるトラブル事例と その対策、代金決済、契約書、仲裁等
●顕在化するグローバルリスクと貿易保険

◆参加費◆
ジェトロメンバーズ限定:無料

◆申込締切◆
2023年2月23日(木)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ・メンバー・サービスデスク
Tel:03-3582-5176(平日 9時00分~12時00分、13時00分~17時00分)
E-mail:jmember@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/csa/e853daaa4b4d11fa.html

【情報提供】ジェトロウェビナー(青果物・タイ)【申込締切:2023/3/9(木)】

ジェトロ ウェビナー(青果物・タイ)【申込締切:2023/3/9(木)】
タイ・青果物市場の現状と輸出のポイント

~ジェトロが配信しているオンデマンドウェビナーをご案内します~

ジェトロでは、農林水産・食品分野の海外専門家を講師に迎え、現地市場開拓に役立つヒントや最新マーケット情報をお届けするセミナー(ウェビナー)を開催します。

今回は、2022年10月6日にライブ配信し、ご好評いただいた「タイにおける青果物市場の現状と輸出のポイント」を編集し、オンデマンドにて再配信します。タイ市場への進出を検討されている事業者様におかれては、現地の状況を知り、今後のビジネスの準備に役立つ各種情報をお届けします。前回お見逃しになった方のみならず、再度ご確認されたい方もぜひご視聴ください。

◆配信期間◆
2022年10月24日(月)10:00~2023年3月10日(金)10:00
※期間中いつでもご視聴可能です。
使用アプリケーション:YouTube

◆概要◆
日本からのタイ向け農林水産物・食品輸出は増加傾向にある一方、タイでは近年、新たな食品衛生関係の規制が度々出され、より高い衛生水準や各規制への対応が課題となっています。
本セミナーでは、タイにおける青果物の市場概要、販売動向、現地の輸入規制、今後の見通しなどについて、タイ市場について豊富な知見を持つジェトロ海外コーディネーターが詳しく解説します。

◆参加費◆
無料

◆申込締切◆
2023年3月9日(木)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ農林水産・食品戦略的商流構築課 (担当:古橋、林)
Tel:03-3582-8348
E-mail:afg_seminar@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/afg/21a98995efdd0dd5.html

【情報提供】ジェトロウェビナー(畜産物・ベトナム)【申込締切:2023/3/9(木)】

ジェトロ ウェビナー(畜産物・ベトナム)【申込締切:2023/3/9(木)】
ベトナム・畜産物(牛乳乳製品)市場の現状と輸出のポイント
(オンデマンド配信)

~ジェトロが配信しているオンデマンドウェビナーをご案内します~

ジェトロでは、海外在住講師による現地市場へ進出するためのヒントや最新マーケット情報を解説するウェビナーを「品目別セミナー」として開催しています。今回は、2022年8月31日にライブ配信し、ご好評いただいた「ベトナムにおける畜産物(牛乳乳製品)市場の現状と輸出のポイント」を編集し、オンデマンドにて再配信します。ベトナム市場における牛乳乳製品市場の動向やニーズ、現地の輸入規制など、マーケットインの視点で日本産牛乳乳製品輸出に役立つ各種情報をお届けします。前回お見逃しになった方のみならず、再度ご確認されたい方もぜひご視聴ください。

◆日時◆
2022年9月14日(水)13:00~2023年3月10日(金)10:00
※期間中いつでもご視聴可能です。
使用アプリケーション:YouTube

◆概要◆
ベトナムにおける牛乳乳製品(牛乳、アイスクリーム、チーズ、粉ミルク、生クリーム)の市場概要、現地の輸入規制・輸入動向、日本産の販売動向、今後の見通しなどについて、ベトナム市場について豊富な知見を持つジェトロ海外コーディネーターが詳しく解説します。

◆参加費◆
無料

◆申込締切◆
2023年3月9日(木)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ農林水産・食品戦略的商流構築課 (担当:河村)
Tel:03-3582-8348
E-mail:afg_seminar@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/afg/e8ea9eda663b7d93.html

【情報提供】ジェトロウェビナー(水産品・英国)【申込締切:2023/3/9(木)】

ジェトロ ウェビナー(水産品・英国)【申込締切:2023/3/9(木)】
英国・水産品市場の現状と輸出のポイント(オンデマンド配信)

~ジェトロが配信しているオンデマンドウェビナーをご案内します~

この度ジェトロでは、農林水産・食品分野の海外専門家を講師に迎え、現地市場開拓に役立つヒントや最新マーケット情報をお届けするセミナー(ウェビナー)を開催します。
今回、水産物の輸出拡大を目指す事業者様に向けて「英国における水産物市場の現状と輸出のポイント」について解説します。
英国市場への進出を検討されている事業者様におかれては、現地の状況を知り、今後のビジネスの準備にお役立ていただきたく、ぜひご視聴ください。

◆日時◆
2022年10月12日(水)13:00~2023年3月10日(金)10:00
※期間中いつでもご視聴可能です。
使用アプリケーション:YouTube

◆概要◆
日本から英国へ水産物を輸出する際の留意点や現地マーケット事情などについて、英国在住の豊富な知見を持つジェトロ海外コーディネーターが詳しく解説します。

◆参加費◆
無料

◆申込締切◆
2023年3月9日(木)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ農林水産・食品戦略的商流構築課
担当:米田(こめだ)、河西(かさい)
Tel:03-3582-8348
E-mail:afg_seminar@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/afg/c219f17928127c3a.html

【情報提供】ジェトロ ウェビナー(酒類)【申込締切:2023/3/9(木)】

ジェトロ ウェビナー(酒類)【申込締切:2023/3/9(木)】
(国税庁事業)ポーランド・トルコ・メキシコへの日本産酒類輸出の可能性(オンデマンド配信)

~ジェトロが配信しているウェビナーをご案内します~

国税庁(実施:ジェトロ)は、日本産酒類の市場拡大が期待されるフロンティア地域の経済概況や酒類市場を紹介するウェビナーを実施しています。

今回は、2022年8月26日にライブ配信し、ご好評いただいた「ポーランド・トルコ・メキシコへの日本産酒類輸出の可能性」を編集し、オンデマンドにて再配信します。ポーランド、トルコ、メキシコの各国で食品輸出を担当するジェトロ職員が登壇し、現地ならではの情報をご提供しております。

◆日時◆
2022年9月7日(水)10:00~2023年3月10日(金)10:00
使用アプリケーション:YouTube
※期間中いつでもご視聴可能です。

◆内容◆
〇ポーランド市場の魅力
〇トルコで日本産酒類は売れるのか?
〇「SAKE」と「酒」/ グローバルマーケティングに欠かせない6つのポイント ―メキシコ市場を例にして―

◆参加費◆
無料

◆申込締切◆
2023年3月9日(木)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ農林水産・食品戦略的商流構築課 (担当:福士、花輪、神東)
Tel:03-3582-8348
E-mail:afg_seminar@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/afg/6d89bc0785d0d707.html

【情報提供】ジェトロ ウェビナー(メンバーズ限定)【申込締切:2023/03/28(火)】

ジェトロ ウェビナー(メンバーズ限定)【申込締切:2023/03/28(火)】
となりの企業も海外展開!? ―日本全国から世界へ挑戦する中小企業の事例紹介―

~ジェトロ・メンバーズ限定のウェビナーをご案内します~

ジェトロは、新輸出大国コンソーシアムの支援機関のひとつして、グローバル市場開拓・海外拠点設立を目指す日本の中堅・中小企業に専門家による個別支援を行っています。​

本講座では、本事業を活用して海外展開に取り組んだ約60社の経営者・担当者へのインタビューを取りまとめた講演者が、ヒト・モノ・カネ・情報が不足しがちななか、様々な産業分野・企業規模の企業が、どのような戦略をとり、輸出成功や拠点設立に至ったかをご紹介します。また、新型コロナなどの壁に突き当たった際にどのように考え、対応されたかなどについてもご紹介します。

◆日時◆
2022年8月1日(月)10:00~2023年3月31日(金)23:45
※オンライン開催(オンデマンド配信)

◆内容◆
(1)中堅・中小企業の海外展開を取り巻く環境​
(2)受け皿のひとつとしてのコンソーシアム事業​
(3)企業がとった海外展開戦略(事例紹介と分析)​

◆参加費◆
ジェトロ・メンバーズ限定:無料

◆申込締切◆
2023年3月28日(火)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ・メンバー・サービスデスク
Tel:03-3582-5176(平日 9時00分~12時00分、13時00分~17時00分)
E-mail:jmember@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/csa/2f50ae7240d90380.html

【情報提供】ジェトロ・メンバーズ限定ウェビナー【申込締切:R5/3/28(火)】

ジェトロ・メンバーズ限定ウェビナー【申込締切:R5/3/28(火)】
コロナ禍における日本産農水産物・食品の海外市場開拓―サンプルショールーム事業を通じてみる海外市場特性―

~ジェトロが開催するウェビナーをご案内します~

2021年の農林水産物・食品の輸出額は1兆2,385億円となり過去最高となりました。新型コロナウイルスの感染拡大により、各国・地域で対面型の商談機会が減少するなかでも、海外バイヤーは変化し続ける市場のなかで新しい日本産食品を求めています。
ジェトロではこのような状況下、世界複数地域に「日本産食品サンプルショールーム」を設置し、現地バイヤーを誘致してオンライン商談会を実施してきました。そこでこれら商談実績のなかで見えてきた海外市場の特性、現地トレンド等についてフランス、シンガポール、タイ、香港、台湾の事例を中心にご説明します。

◆配信期間◆
2022年7月21日(木)10:00~2023年3月31日(金)23:45
※オンデマンド配信

◆内容◆
〇日本産食品サンプルショールーム事業の概要
〇海外の食品市場の特性(フランス、シンガポール、タイ、香港、台湾等)
〇2022年度サンプルショールーム事業参加にあたっての留意点

◆参加費◆
ジェトロ・メンバーズ限定:無料

◆申込締切◆
2023年3月28日(火)23:59

◆問合わせ先◆
ジェトロ・メンバー・サービスデスク
Tel:03-3582-5176(平日 9:00~12:00、13:00~17:00
E-mail:jmember@jetro.go.jp

【詳細・お申込みはコチラから】
https://www.jetro.go.jp/events/csa/68b1e50ebdc4cbb0.html

1 / 212

入会・助成金はこちらから

入会案内

助成金

 

◆輸出規制等新着情報◆

各国輸入規制→「諸外国・地域の規制措置」(PDF)をクリック

農水省・農林水産物等の輸出促進対策

【NEW】産地証明書交付について(台湾向け)(2022.02.22)

福島県貿易促進協議会

〒960-8670 福島県
福島市杉妻町2番16号
TEL 024-521-7326
FAX 024-521-7888
お問い合わせはこちら

携帯でもご覧になれます

QRコード

このページの先頭へ