私たちは海外への販路開拓・拡大を目指す皆様をサポートします。

福島県貿易促進協議会

連絡先

トップページ > お知らせ

【情報提供】H28年度福島県輸出回復緊急対策事業の募集について

【情報提供・福島県農林水産部農産物流通課担当】

H28年度福島県輸出回復緊急対策事業の募集について

 

※詳細はこちら(福島県農産物流通課HPへ移動します。)
 http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36035a/yushutsu-hojo2016.html


1 趣旨

福島県では、県産農林水産物等の輸出の回復と拡大を通じて、県農林水産業の復興を図ることを目的に、
農林漁業者の組織する団体などの民間団体等の海外への販路拡大等を支援します。

2 募集期間

平成28年4月25日(月曜日)~平成29年1月20日(金曜日)17時必着
月一回締切、随時審査。
状況により、早期に募集を終了する場合があります。 

3 対象者

県内に主たる事務所を置く農林漁業者の組織する団体、商工業者の組織する団体
民間団体等のうち、県産農林水産物、または県産農林水産物を活用した加工品の
海外輸出に関する活動を行うもの

 ※民間団体等には、特定非営利法人、事業協同組合、企業組合、
 公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人等が含まれます。

4 対象事業
(1)海外販路拡大
 海外での商談会等のイベント、海外百貨店等における出品や販売促進
(2)個別商談、市場調査等
海外輸出の実現に向けた、海外における個別商談、市場調査等

5 補助額
(1)海外販路拡大
 20万円以上150万円以内
(2)個別商談、市場調査等
10万円以上50万円以内

6 応募方法
所定の計画承認申請書、実施計画書、誓約書等に必要事項を記入の上、
添付資料を添えて福島県農産物流通課まで提出してください。

※円滑な審査の実施ため、担当者と事前に相談の上、申請書類等の提出をお願いします。

7 スケジュール
平成28年4月25日(月曜日) 募集開始   月1回審査、随時交付決定
平成29年1月20日(金曜日) 募集終了予定(予算額に達した時点で終了)

詳しくは「平成28年度福島県輸出回復緊急対策事業公募要領」をご覧ください。
担当:福島県農林水産部農産物流通課 担当 高野、鈴木、藤田
電話024-521-8041

国際ビジネスセミナー「シリーズ・ベトナム」について

【情報提供】】国際ビジネスセミナー「シリーズ・ベトナム」について

当協議会の運営におきましては、日頃より多大なるご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
この度、ジェトロ福島より国際ビジネスセミナーの開催について案内がありましたのでお知らせします。
詳細は下記ジェトロウェブサイトをご覧ください。

----以下、ジェトロからのご案内です。----
—————————————————————————————————
2016年度 国際ビジネスセミナー 「シリーズ・ベトナム」
【 第1回 】「ベトナムの最新ビジネス環境と今後の展望」(郡山市)
—————————————————————————————————
経済のグローバル化の進展や少子高齢化に伴う国内市場の縮小により、中小企
業を取り巻く経営環境は厳しさを増しており、豊かな資源と多くの人口を背景
とした巨大市場を擁するアジアをはじめとする海外市場の成長を取り込んでい
くことが、中小企業にとって喫緊の課題になっています。

シリーズ1回目となる今回は、ベトナムを知る上で重要な基礎的情報を押さえ
ていきたいと考えております。是非ご参加下さい。

日 時:2016年5月26日(木)13:30~15:00
場 所:ビッグパレットふくしま 4階「プレゼンテーションルーム」
内 容:・ASEANのなかでのベトナムの位置づけ
・日本のベトナム投資動向とビジネス環境
・ベトナムでの経営上の課題など
講 師:ジェトロ海外調査部 アジア大洋州課 課長 池部 亮 氏
共 催:東邦銀行、日本政策金融公庫(県内全支店)、福島県貿易促進協議会
後 援:福島県、郡山市
参加費:無料
定 員:40名程度

締 切:2016年05月24日(火)

詳細・お申し込みはこちら ↓
https://www.jetro.go.jp/events/fma/ee7f510df97b5663.html

—————————————————————————————————
【 第2回 】「TPPで大きく変わる、ベトナムでのビジネスチャンス
~ハナム省の投資環境」(郡山市)
—————————————————————————————————
シリーズ2回目となる今回は、ハノイ南部に位置するハナム省より人民委員長
(知事に相当)が来県する機会をとらえ、同省の魅力ある投資環境をご紹介
します。また、実際に現地で活動する企業からも事例を紹介いただきます。

日 時:2016年6月7日(火)14:00~16:30(受付:13:30~)
場 所:ホテルハマツ 3階 「開成」(郡山市虎丸町3-18)
内 容:
1.「ハナム省の食品加工・工業分野での魅力ある投資環境と優遇政策」
2.「JICAによるハナム省投資近況改善への取込と農業分野への支援」
3.「政府裾野産業工業団地の優遇政策と拡大するビジネスチャンス」
4.「ハナム省で活動する、企業の事例紹介」
5.「東京ガスのベトナムでの取り組みについて」
6.「1億人のマーケット開拓と中小企業の進出形態について」
7.「ジェトロによる中小企業のベトナム進出支援サービス内容について」

主 催:ハナム省人民委員会
共 催:ベトナム社会主義共和国大使館、JICA、ジェトロ福島
後 援:福島県、東邦銀行、日本政策金融公庫(福島支店、いわき支店、
会津若松支店、郡山支店)
参加費:無料
定 員:40名

締 切:2016年06月03日(金)

詳細・お申し込みはこちら ↓
https://www.jetro.go.jp/events/fma/c27c2a0f88b7a41e.html

———————————————————————-

【情報提供】Japanese Foods “Premium” Trade Fairの開催について

【情報提供】Japanese Foods “Premium” Trade Fair(台湾/シンガポール/香港 )の開催について

日頃より当協議会の運営につきましては、多大なるご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、Japanese Foods “Premium” Trade Fair(台湾/シンガポール/香港)海外商談会の案内がありましたので、お知らせいたします。

◎日程◎
台湾 : 2016年9月6~7日(2日間)【〆切6月30日】
シンガポール: 2016年12月6~7日(2日間)【〆切6月30日】
香港 : 2017年2月21~22日(2日間)【〆切6月30日】

ご出展を希望される場合は、主催者に直接お問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

(募集要項と出展申込書のダウンロードも可能です)
 http://www.trade-support.info/

【情報提供】「SAKEシンポジウムin神戸」参加者募集について

【情報提供】 ジェトロ 「SAKEシンポジウム in 神戸」参加者募集について(2016年5月13日締切)

ジェトロにて現在、「SAKEシンポジウム in 神戸」の参加者を募集しておりますので、お知らせします。

詳細は、以下をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・‥・・
以下、ジェトロからのお知らせ
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

◎ 「SAKEシンポジウム in 神戸」参加者募集のご案内
~日本酒の海外展開をめざして~

ジェトロは、IWC(※) 2016「SAKE部門」審査会(2016年5月16日(月)~
18日(水))が兵庫県で開催されるのに伴い、ワインの国際的権威
「マスター・オブ・ワイン」であり、かつ日本酒にも精通したIWC日本酒
部門のチェアマンをお招きし、シンポジウムを開催します。

TPP加盟国を含め、海外における日本酒消費量の拡大、輸出促進に繋げる
ための効果的な販促や展開について、ワインのマーケティング手法から
学ぶほか、特別講演として日本ソムリエ協会の田崎真也氏をお迎えして、
日本酒と洋食とのペアリングについてお話いただきます。
また、パネルディスカッションでは講演者をはじめ、官・民の関係者に
日本酒の海外展開についてそれぞれの取組みや今後の課題、それに向けて
の提案等について語っていただきます。
国内外の酒類に携わる第一人者が集うシンポジウムです。
酒類関係者、企業にとって情報入手の貴重な機会ですので、ぜひご参加
ください。

※IWC:インターナショナル・ワイン・チャレンジ
ウイリアム・リード・ビジネスメディア社(英国)により、1984年に
始まった世界最大規模のワイン品評会で、毎年ロンドンにて開催。
2007年より「SAKE部門」が新設された。

◇日 時:2016年5月15日(日)11:30~15:30
◇場 所:神戸ポートピアホテル  http://www.portopia.co.jp/
◇定 員:150名(先着順)
※定員に達し次第申し込みを締め切ります。
◇対 象:国内の酒類関係者・企業、メディア、自治体等
◇内 容:第一部(1)IWC関係者による基調講演(2名)
(2)特別講演 日本ソムリエ協会 会長 田崎 真也氏
第二部 パネルディスカッション
◇参加費:無料
◇後 援(予定)
内閣府、外務省、国税庁、経済産業省、農林水産省、
日本酒造組合中央会、日本ソムリエ協会、
IWC2016「SAKE部門」兵庫開催支援委員会
◇申込締切:2016年5月13日(金) 16:00
◇お問い合わせ先:ジェトロ 加工食品・酒類支援課
TEL:03-3582-8350 / FAX:03-3582-7378
E-mail: afe@jetro.go.jp

※詳細、お申込みはこちら↓
https://www.jetro.go.jp/events/sakesympo.html

H28年度福島県貿易促進協議会海外事情セミナーの開催について

  「世界に通用する商品力とマーケティング戦略」
~海外に打ち出す福島県産品の魅力!
国境を越える販売戦略!!~

 

当協議会の運営におきまして、日頃より多大なる
ご理解とご協力を頂き、誠に有難うございます。

この度、下記のとおり平成28年海外事情セミナーの
開催を予定しております。会員様以外のご参加も大歓迎です。

4月以降、福島県貿易促進協議会のHPより参加申込書
ダウンロード可能となりますので是非、お誘いあわせの上、
ご参加頂けましたら幸いです。

           記

★★平成28年度福島県貿易促進協議会「海外事情セミナー」★★

1.日 時  平成28年4月26日(火)
 午後3時15分~午後4時45分

 2.場 所  杉妻会館 3階 百合の間(総会・セミナーとも同会場)
       (福島市杉妻町3-45 電話024-523-5161) 

3.セミナー

演題:『世界に通用する商品力とマーケティング戦略』
   ~海外に打ち出す福島県産品の魅力!国境を越える販売戦略!!~

 講師: 株式会社ケングローバル 代表取締役 岡部 健太郎 氏
【経歴】
   1976年総合商社ニチメン(現双日)入社食料部門配属
   1981年よりロンドン・ニューヨーク駐在
          1991年米国オレゴン州駐在・米国食料子会社社長
   2002年中国総代表北京駐在 2003年執行役員食料カンパニー長
          2004年ニチメン退社、江崎グリコ入社 2005年江崎グリコ海外事業推進部長
     2008年(株)ケングローバル設立  現在、ジェトロ貿易アドバイザ-

  内容:海外展開を有利に進めるうえで、目指すマーケットに
            通用する商品力アップや売り込み方のノウハウについてご講演いただきます。

     チラシ→H28海外事情セミナーちらし
参加申込書→参加申込書(一般用)

【情報提供】インドネシア向け植物由来生鮮食品(青果物、茶等)の輸出について

東北農政局より、インドネシア向け植物由来生鮮食品(青果物、茶等)の輸出に係る検査機関の登録について情報提供がありましたのでお知らせします。

 

(情報提供の内容)

インドネシア向けに青果物、茶、穀物等の植物由来の生鮮食品を輸出する場合は、インドネシア当局に登録された検査機関において、残留農薬等の検査を行い、当該検査機関の発行する証明書を貨物に添付する必要があります。

※詳細は、農林水産省のホームページをご覧ください。

農林水産省HPはこちら → http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/id_lab.html

 

 

 

【情報提供】 ジェトロ「日本産農水産物・食品輸出商談会 in マニラ」参加者募集について(2016年4月6日締切)

【情報提供】 ジェトロ 「日本産農水産物・食品輸出商談会in マニラ」参加者募集について(2016年4月6日締切)

ジェトロにて現在、「日本産農水産物・食品輸出商談会in マニラ」の参加者を募集しておりますので、お知らせします。

詳細は、以下をご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・‥・・
以下、ジェトロからのお知らせ
・・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◎「日本産農水産物・食品輸出商談会 in マニラ」参加者募集のご案内

フィリピンはASEAN第2位の人口大国(2014年IMFデータ)であり、近年の
着実な経済成長によって注目度を高めています。また我が国の農林水産物・
食品にとって、国・地域別では第11位の輸出先(2015年度調べ)でもあり
ます。
この度、同国における日本産農林水産物・食品の更なる輸出拡大を目的
として、下記の通り輸出商談会を実施いたしますので、同国市場への参入・
販路拡大にご関心のある事業者の皆様は、是非この機会をご活用ください。

◇日 時:2016年5月30日(月)~ 6月2日(木)
◇場 所:フィリピン・マニラ(予定:World Trade Center Metro Manilay)
◇定 員:20社・団体
◇対 象:マニラに対する日本産農水産物・食品のPR、及び同地域への
輸出に関心のある企業・農業法人及び生産者団体
◇対象品目:日本産農水産物・食品全般
(詳細は「募集要項」,「審査の項目」をご確認下さい)
◇内 容:オリエンテーション、商談会
◇開催形式:現地集合・現地解散型
◇費用負担:≪主催者(ジェトロ)負担≫
オリエンテーション、商談会を実施する経費
(会場費、共有通訳費、バイヤー来場者アレンジ費、
共用設備レンタル料)、共有通訳手配費等
≪参加者各自負担≫
日本-マニラ間の往復航空券代(燃油サーチャージ、空港税・
出入国税、保安料、航空保険料含む)、宿泊費、市場視察時
以外の移動に伴う交通費、食事代、商談に使用するサンプル、
試食用食材費、梱包・輸送費、その他、上記「主催者
(ジェトロ)負担」に定める以外の経費等
◇申込締切:2016年4月6日(水)17:00必着
◇お問合せ先:農林水産・食品課
TEL:03-3582-4966 / FAX:03-3582-7378
E-mail: afa_marketing@jetro.go.jp

詳細、お申込みはこちら↓

http://www.jetro.go.jp/events/afa/eec6157dd40d3a0a.html

 

【情報提供】ジェトロ 食品に関する各国調査 について

【情報提供】ジェトロ 食品に関する各国調査 について

ジェトロHPにおいて、ジェトロが実施しました、

◎ 食品添加物規制調査(米国)
◎ 米国におけるヒ素および有害重金属等の規制に関する情報
◎ 健康食品調査(中国)

についてレポートが掲載されておりますのでお知らせします。

詳細は、下記をご覧ください。
以下、ジェトロからのお知らせです。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

◎ 食品添加物規制調査(米国)

本レポートは、主要輸出先国の食品添加物規制に関する制度を調査し、
最新の食品添加物規制の情報の入手先、食品に使用できる添加物の調べ方
等のポイントをレポートにまとめたものです。
輸出相手国の法規制に則った適切な輸出を行う一助となれば幸いです。

<米国>

https://www.jetro.go.jp/world/reports/2016/02/b59b65b71d19c3d7.html
※他の国の食品添加物規制調査も実施しています:
<オーストラリア>
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2015/02/02ead2aee3b3ef8e.html
<EU>
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2016/02/a0196b2a8de482d0.html

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

◎ 米国におけるヒ素および有害重金属等の規制に関する情報

本情報は、米国における食品輸入制度調査(品目別輸出ガイド)内の、
食品中のヒ素および有害重金属等に関し規制を調べ、米国食品医薬局(FDA)
が行った牛肉、水産物、野菜・果実、茶におけるサンプリング調査を基に
まとめたものです。
FDAを中心とした連邦レベルとカリフォルニア州Prop.65などの関連適用規制
を調査することにより、食品中のヒ素および有害重金属等に関わる規制およ
び警告文を記載する義務なども併せて明確にしました。
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2016/02/6c14deb8dd925f90.html
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

◎ 健康食品調査(中国)

中国における健康食品に関する調査を実施し、健康食品の製造・販売、
表示内容に関する規制、健康食品市場の概況、取り扱い企業、流通・販売
経路に関する情報等をまとめたものです。

機能性食品や健康に配慮した食品等を輸出する際の一助となれば幸いです。

https://www.jetro.go.jp/world/reports/2016/02/84dd8e088ba38d31.html

【情報提供】韓国 輸入食品安全管理特別法について

【情報提供】韓国 輸入食品安全管理特別法について

 

下記アドレスのジェトロHPに、韓国の輸入食品安全管理特別法の情報が掲載されましたのでお知らせします。

※記事本文の閲覧には、ジェトロ農林水産情報研究会員の登録(有料)が必要です。

https://www.jetro.go.jp/industry/foods/fanews/2016/03/58db545a80d0abab.html

韓国の輸入食品安全管理特別法が2016年2月4日に施行された。本法の施行により、韓国に食品を輸出しようとする海外製造業所は、ウェブサイトまたは郵便を通じて該当業所の情報を韓国の食品医薬品安全処に登録しなければならない。ただし、施行後、6カ月間の猶予期限が設けられている。

(情報提供)水産庁事業「平成27年度輸出促進機器整備事業」について(締切終了)

(情報提供)水産庁事業「平成27年度輸出促進機器整備事業」について(締切終了)

 

水産物・水産加工品輸出拡大協議会より、水産庁事業「平成27年度輸出促進機器整備事業」募集の案内がありましたので、お知らせします。

詳細は、下記をご覧ください。

—————————————————————————-

■平成27年度輸出促進機器整備事業募集のお知らせ■

—————————————————————————-

水産物・水産加工品輸出拡大協議会は、水産庁が平成27年度補正予算で実施する、平成27年度輸出促進機器整備事業に応募し、事業実施者に選定されました。

本事業は、我が国水産物の需要を開拓し、輸出拡大を目指す水産加工業者等に対して、輸出国・地域の品質・衛生条件への適合に必要な機器整備の支援を行うことにより当該事業者の競争力確保等を図るものです。

つきましては、別添のとおり募集要項を定めましたので、皆様におかれましては、積極的にご応募いただけますようお願い申し上げます。

なお、本年度(H27年度)の応募締切日は、28年3月25日必着としておりますのでご留意願います。

募集要項はこちらから

↓(ワード形式)

http://seafood-export.jp/mailpdf/16031101.doc

<お問い合わせ先>

水産物・水産加工品輸出拡大協議会 (一般社団法人大日本水産会 内)

TEL:03-3585-3585 FAX:03-3582-2337

(情報提供)「新輸出大国コンソーシアム」支援受付開始について

(情報提供)「新輸出大国コンソーシアム」支援受付開始について

 

ジェトロより、「新輸出大国コンソーシアム」について、情報提供がありましたのでお知らせします。

詳細は、下記をご覧ください。
———————————————————————-
【お知らせ】『新輸出大国コンソーシアム』~3/14支援受付開始~
———————————————————————-

2016年2月26日に、経済産業省において、「新輸出大国コンソーシアム」会合
が開催され、『新輸出大国コンソーシアム』の設立が決定されました。

日本貿易振興機構(JETRO)はコンソーシアムの支援事業の事務局として、
TPP協定の合意を契機に海外展開を目指す中堅・中小企業等を支援すべく、
コンソーシアム支援機関の連携や専門家による支援等を実施していきます。

【2016年3月14日(月)】より『新輸出大国コンソーシアム』におきまして、
ジェトロを含む新輸出大国コンソーシアム参加機関での支援受付を開始いた
します。

—————— <新輸出大国コンソーシアムとは> ——————–

政府系機関、地域の金融機関や商工会議所など国内各地域の企業支援機関が
幅広く結集し、海外展開を図る中堅・中小企業等に対して総合的な支援を
行う体制です。

◆特徴 (1) 地域に密着した運用を行います。

ジェトロの貿易情報センターや地域の支援機関で企業のご相談を受け付け、
専門家による支援等を紹介します。

◆特徴 (2) 「新輸出大国コンシェルジュ」を全国に配置します。

ジェトロでは各都道府県にコンシェルジュを配置し、企業からのご質問・
ご相談、支援依頼にいつでも対応します。
ジェトロを含むコンソーシアム参加機関は様々な支援を準備しております。
コンシェルジュが水先案内人となり、企業のご要望や活動状況に合わせて、
最適な支援サービスをご案内いたします。コンシェルジュは支援企業と
一体となって、海外展開の実現に向けてお手伝いします。

◆特徴 (3) 専門家「新輸出大国パートナー」「新輸出大国エキスパート」
による強力な個社支援メニューを提供します。

コンシェルジュ以外にも海外ビジネスに精通した専門家による個別支援
(企業の現地調査や販路開拓をサポート)等を行い、支援対象となる企業
は無料でこれを受けることができます。

・「新輸出大国パートナー」:海外展開の実現までのハンズオン一貫支援
※パートナーによるハンズオン支援の企業応募受付は4月11日に開始予定。

・「新輸出大国エキスパート」:専門分野でのアドバイス等

————————————————————————

■ 受付開始日:2016年3月14日(月)

■受付・照会窓口:
ジェトロ福島(以下のアドレスをご参照下さい)
もしくは「ジェトロのサポートホットライン」(0120-95-3375)

受付時間:平日9時~18時(土日、祝祭日・年末年始を除く)

※「ジェトロのサポートホットライン」での問い合わせ対応は既に開始
しております。

■ コンソーシアム参加機関(2016年3月時点):約20機関
※詳細は追ってジェトロウェブサイトでお知らせいたします。

「日本企業の海外展開支援 新輸出大国コンソーシアム」

https://www.jetro.go.jp/jetro/activities/support/consortium.html

 

(情報提供)ジェトロ「農林水産物・食品輸出協力企業リスト」について

(情報提供)ジェトロ「農林水産物・食品輸出協力企業リスト」について

 

ジェトロHPに、ジェトロが公募した農林水産物・食品輸出企業リストが掲載されましたので、お知らせします。

詳しくは、下記ジェトロHPをご覧ください。
—————————————————————————-
農林水産物・食品輸出協力企業リスト
—————————————————————————-

商社、物流会社などの輸出のパートナーをお探しの事業者の方々のために、ジェトロが農林水産物・食品の輸出を行う商社・貿易会社・船社(船舶代理店)・航空会社(航空代理店)・輸送会社・物流会社・海貨会社・フォワーダー・輸出梱包サービス会社・保険会社のリストを作成、掲載しておりますので、ご紹介いたします。
詳しくは、次のURLをご参照ください。

https://www.jetro.go.jp/industry/foods/trading_company_list.html

平成28年度に実施する事業に関しては以下のURLに掲載しています。

https://www.jetro.go.jp/industry/foods/foods_schedule.html

【情報提供】外務省主催「中堅・中小企業の海外展開推進セミナー」について(締切終了)

【情報提供】外務省主催「中堅・中小企業の海外展開推進セミナー」について(締切終了)

 

東北経済産業局から外務省主催のセミナーについて、情報がありましたのでお知らせいたします。

申込等詳細は、下記をご確認ください。

———————————————————
以下、東北経済産業局からの情報です。
———————————————————
外務省主催により、「中堅・中小企業の海外展開推進セミナー」が開催されますの
でご案内いたします。
外務省による世界各国の大使館・領事館を活用した企業・自治体支援の取組をはじ
め、JICA及びJETROよる海外展開支援策が紹介されます。
地方初開催のセミナーとのことですので、ぜひ多数ご参加ください。

【中堅・中小企業の海外展開推進セミナー】
1.日時:2016年3月25日(金)13:30~17:00

2.プログラム:
13:30-14:10  「外務省による民間企業の海外展開支援」
-大鶴 哲也 外務省経済局政策課長 兼 官民連携推進室長
14:10-14:50  「TPPを契機としたジェトロの輸出展開支援」
-寺田 佳宏 ジェトロ地域統括センター長(東北)
14:50-15:20 「JICAによる中小企業海外展開支援」(仮)
-村瀬 達哉 国際協力機構(ジャイカ)東北支部長
15:20-17:00   懇親会(個別の相談やご質問にもお答えいたします。)
※   プログラム内容は変更となる可能性がございます。

3.会場 :ホテルメトロポリタン仙台 大宴会場 千代
〒980-8477 宮城県仙台市 青葉区中央1丁目1の1
4.開催概要
主 催:外務省
共 催:独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)仙台貿易情報センター
独立行政法人 国際協力機構(ジャイカ)東北支部
協 力:経済産業省,宮城県,仙台商工会議所

5.参加料  :無料
6.定 員  :100名 ※参加申込多数の場合は先着順となります。
7.申込締切 :2016年3月22日(火)正午まで
申し込み方法等の詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/ec/page3_001586.html

8.セミナーに関するお問合せ先
外務省経済局官民連携推進室 03-5501-8000(内線2512)

 

 

【情報提供】 水産加工業者向け商談会について(締切終了)

【情報提供】 水産加工業者向け商談会について(締切終了)

 

 

 

水産物・水産加工品輸出拡大協議会より、水産加工業者向け商談会の案内がありましたので、
お知らせします。

詳細は、下記をご覧ください。

—————————————————————————-

■輸出に向けた生産・加工事業者と輸出事業者の商談会のお知らせ■
—————————————————————————-

水産物・水産加工品輸出拡大協議会は、ジェトロと連携し、本年3月24日(木)、輸出を目指す生産・加工事業者と商社・輸出事業者の皆さまによる商談会を東京で開催します。(参加費無料)

只今、本イベントに参加いただく生産・加工事業者の方を募集しておりますので、商社と連携した上での輸出を希望される事業者の皆さまにおかれましては、一度に複数の商社と商談を行える絶好の機会でございますので、ぜひご参加ください。(詳細は下記URLからPDFファイルをご参照願います)
http://seafood-export.jp/mailpdf/mail2016030401.pdf

水産物・水産加工品輸出拡大協議会
公式WEBサイト:
http://seafood-export.jp

<お問い合わせ先>

水産物・水産加工品輸出拡大協議会
(一般社団法人大日本水産会 内)

TEL:03-3585-3585 FAX:03-3582-2337

 

【情報提供】農林水産省事業「輸出に取り組む事業者向け対策事業」の公募について(締切 2016年4月12日)

【情報提供】農林水産省事業「輸出に取り組む事業者向け対策事業」の公募について(締切 2016年4月12日)

 

東北農政局より、農林水産省事業「平成28年度輸出に取り組む事業者向け対策事業」の公募について案内がありましたので、お知らせします。

申し込み等詳細は、下記をご覧ください

(東北農政局からの案内内容)
平成28年度輸出に取り組む事業者向け対策事業の公募が開始されましたのでお知らせします。

詳細については、以下、農林水産省のHPをご覧ください。
ホーム > ご意見・お問い合わせ > 調達情報・公表事項 > 補助事業参加者の公募 > 平成28年度農林水産物・食品輸出促進対策事業のうち輸出に取り組む事業者向け対策事業の公募について

URL:http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/160301.html
1.公募期間
平成28年3月1日(火)から平成28年4月12日(火)まで

第1次公募は、ジャパン・ブランドの確立に向けた取組のみを募集いたします。
平成28年3月10日(木)まで

第2次公募は、ジャパン・ブランド以外の事業メニューを募集いたします。
平成28年4月12日(火)まで

2.事業の概要
農林漁業者や食品事業者の組織する団体等である広域規模団体又は地域規模団体が、事業メニューの(1)から(5)までの中から選択して行う輸出に係る取組を実施します。
また、本事業においては、公示の別表1に掲げる補助対象品目及び国・地域に係る取組について優先採択するものとします。

(別表1)→ http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/pdf/02_beppyo1_160301.pdf

3.事業メニュー
(1)ジャパン・ブランドの確立に向けた取組
(2)産地間連携等による輸出振興体制の構築を図る取組
(3)輸出環境整備を図る取組
(4)輸出産地等による海外販売促進活動の取組
(5)先進的輸送技術による最適輸出モデルの開発・実証を図る取組

4.公募に係る説明会の開催
公示の別表2のとおり開催します。
※ 農林水産省本省においては、平成28年3月15日(火)に開催します。
※ 東北農政局においては、平成28年3月18日(金)に、テレビ会議を活用した説明会を開催します。

説明会への出席を希望される方は、公募に係る説明会出席届(別紙様式第1号)を別表2の説明会出席届提出先に提出(郵送又はFAX)してください。

(別表2)→ http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/shokusan/pdf/16_beppyo2_160301.pdf

【本件担当】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

東北農政局経営・事業支援部地域連携課
海外展開班
電話 022-263-1111(内線4381、4377)
FAX 022-722-7378

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

県産品カタログ(4か国語)PRODUCTS CATALOGUES

県産品カタログ

日本語(Japanese)
英語(English)
中国語(簡体)Chinese
タイ語(Thai)

◆輸出規制等新着情報◆

各国輸入規制→「諸外国・地域の規制措置」(PDF)をクリック

農水省・農林水産物等の輸出促進対策

福島県貿易促進協議会

〒960-8670 福島県
福島市杉妻町2番16号
TEL 024-521-7326
FAX 024-521-7888
お問い合わせはこちら

携帯でもご覧になれます

QRコード

このページの先頭へ